1852 淺沼組

進捗いいかもシリーズ第4弾。時価総額低めの中堅ゼネコンでピックアップするならコレでしょう。
地合いの悪さをものともしない力強いチャート。近年の業績は安定していますし2Qが弱くなる傾向も特にありませんのでじっくり攻めれる銘柄です。

1852

チャートは見ての通り綺麗な上昇トレンドです。あれほど地合いが悪化していたにも関わらず25日線を割らずに推移するあたり業績の裏付けはホンモノでしょう。
さらには貸借倍率が0.84倍となっており信用取組も妙味。おそらくショック相場であまり下げなかった為に空売りが多く入ったと思われますが、銘柄の強さが勝っているケース。地合いが好転したら自然に踏み上がるでしょう。
 
さて、直近の業績ですが、
8/7に発表された1Qの経常は1,588(前年比3.29倍)! 会社が出している中間予想は730、通期予想は1,700となっており、11月の上旬~中旬に控えている中間発表前に上方修正がある可能性が高いと予想しています。
 
ここ数日、あまり個人投資家には人気がない銘柄をあえてピックアップしています。
本来であれば活気のあるセクターに注目するのがスジですが、現在特定のセクターが盛り上がっている様子がありません。
このような時はいろいろなセクターの好業績銘柄に目を向けてみるいい機会かな・・・と思い視野を広げて銘柄を見ています。

Pocket

コメントを残す