7148 FPG 上方修正 今期3度目

投資家から集めた資金で船舶やコンテナをリースする会社。地方銀行や証券会社などを通してリース事業への投資家層が拡大。5月に航空機リースを手掛ける関連会社を子会社化しています。
そして6/15、2015年9月期の連結純利益見通しが前期の約3倍となる59億円に上方修正されました。

しかしチャートを見ると、業績の伸びのわりにたたき売られた形
7148FPG
これは税理士に対する節税策の報告義務付け検討報道などから、先行きの不透明感が強まった事によるものです。
報道により売られる格好となっているものの、近年の業績の伸びは順調そのもので、報道により売られた価格帯はチャンスのように思えます。
ファンダで見てもPER15倍程度と割安水準。とても3度も上方修正を繰り返している会社への評価とは思えません。

ファンダとテクニカル両面で攻める好機が到来しているように思います。

Pocket

コメントを残す