3912 モバイルファクトリー 東証1部昇格おめ

とても相性のいい銘柄。位置ゲーに特化した会社で国産位置ゲームデベロッパーとして注目されている。
好業績爆進中なのに叩き売られ、ありえない株価に落ちてきたのでガッツリ仕込みました。
5月に入ってからは株価も落ち着いてきてヨコヨコでセガール化。
派手さに欠ける好業績銘柄にありがちな値動きですが自分が最も得意とするパターン。
現在のモバファクの状況・材料についてまとめてみます。

株価は底を打ちセガール化


 
セガール化銘柄投資法とは
 

マザーズから東証1部へ昇格!

マザーズから東証1部へ一発昇格できる業績条件を満たしている事は把握していましたが、
こんなに早く決まるとは予想外でした。
昇格が期待されている状態(orバレバレ)で直近の株価の動向(閑散ヨコヨコ)はありえないので、素直にサプライズとなります。
また、モバファク規模の時価総額・売買代金に対してのTOPIX組込みは非常にインパクトがあります。ほっといても機関投資家が買ってくれるので先行買いが有効となる水準です。

株式分割

6月30日を基準日として2分割。
株数が倍になったところで時価総額が増えちゃ変なわけで・・・
自分にとってはどうでもいい材料ですが、市場では好感されがちですね。

ポケモンGO関連銘柄として紹介される

5/26 ラジオNIKKEIのアナウンサーがポケモンGO関連銘柄として紹介!
え? ポケモンGO関連なんすか?

新作への思惑、大型IPへの期待

ポケモンGOのフィーバーで位置ゲーへの関心が高まり、
・たくさんの引き合いが来ている
・有名IPの位置ゲームを運営することを目標とする
と公言されていました。
 
それを受けてネットでは ドラクエGO・桃鉄 といったタイトルがウワサされていますが・・・
 
ここで新たに就任した社外取締役の経歴に注目してみます。
2017年3月23日 社外取締役のご紹介
すると・・・元スクウェア・エニックスの人!!!
 
大型IPに関わっているのか定かではありませんが期待せずにはいられないご経歴!
なんのために社外取締役に・・・
となると・・・

アクティブユーザー数が過去最大

5/26のラジオNIKKEIで宮嶌社長より「DAUが過去最大となっている」とのご発言。
となると1Qに続き2Qの業績の伸びにも期待できそうです。

直近の業績確認

年度Q 売上 経常利益
2016年度1Q 482 151
2016年度2Q 500 149
2016年度3Q 499 162
2016年度4Q 591 149
2017年度1Q 586 227
2017年度通期予想 2,486 747

モバイルファクトリー <3912> [東証M] が4月21日後場(13:00)に決算を発表。17年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は前年同期比50.3%増の2.2億円に拡大し、通期計画の7.4億円に対する進捗率は30.4%に達し、さらに前年同期の24.7%も上回った。
直近3ヵ月の実績である1-3月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の31.3%→38.7%に上昇した。
 
あれ?
1Qの業績ケッコーいいのに全然株価上がってないw
おかしいやんコレ
 

Pocket

コメントを残す